情報過多のこの時代。何事もやってみなければ分からない。

今日は中小企業同友会の新会員フォローアップセミナーに参加してきました。

前々から、経営者とか後継者とか、利害関係抜きに本音で語り合える仲間が欲しい!と強く願っていたところ、いろんなご縁から同友会を紹介していただき、本当に感謝しております。

(一社)福岡県中小企業家同友会は、自立・民主・連帯を念頭に、企業を通じ、地域社会に貢献する経営者をめざします

しかし、同友会に参加する、と言った時に、弊社の税理士さんから言われた言葉、
「飲み事にのぼせたらいかんですよ。」から思ったこと。

インターネットにあがっている情報。
人から聞いた情報。
これらを鵜呑みにしていると、一番損するのは自分だな、ということ。

今日はここについて少し書いてみます。

悪事千里を走る

↑こんなコトワザがあるということは、昔からそうなのかもしれませんが(笑)
インターネットにのる情報も、悪い側面の方が先に広がる。そういう傾向があるように自分は思っています。

同友会、セミナー、研修会、ビジネス交流会、、、、、
いろんな集まりの場がありますが、どれが良いとか悪いとか、絶対的な価値はないと思います(いい面わるい面、両方ある)。そこに参加する人に適した集まりが一番いい集まりであり学びの場。

行きたければ行けばいい。やりたければやればいい。
そういってストレートに応援してもらえる場所は、ありがたいです。

自分の感覚を大切にしたい

今日の一番の学びは「自分の直感、肌の感覚を大切にしてゆきたい」と改めて思ったことでした。

いろんなメディア、情報源から総合的に判断することも大切だと思いますが、
「あっ、この人は好きだな。」
「おっ、この場所は心地いいな。元気がでるな。」
そうした心の琴線に触れる感覚は、やはりそこには自分の人生にとって大切な何かがあるから響いているのだと思います。

今後もますます情報が溢れ、その情報洪水の中で生きてゆかねばならないからこそ、
情報に惑わされない自分の肌感覚「何事もやってみなければわからない」という行動スタンス大切にしてゆきたいと思った一日でした。

35/1000

ブログランキング
【ブログ村ランキングに参加しております。】
ブログの記事がお役に立てた場合には、下の「内装・クロス・床」ボタンを押していただけると幸いです!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ … 全国各地の内装業みなさんの活躍が見れます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする