前を向きたい時のスイッチ

全国的に雪で交通も乱れる中、福岡も今日は真っ白になりかけました。(写真上)

そういえば、ちょうど2年前の今日が福岡の大雪の日でしたね。(写真下)

そんなキンキンに冷えた今日も、やっぱり事務処理の途中で夜でも歩いてきました。
なんでこんなに寒い日も歩いてしまうのだろう。
今日は「歩くこと」と「前を向くこと」について少し書いてみます。

クヨクヨしない

物事がうまくいく秘訣は、、、、クヨクヨしないこと♪」と、ある社長さんの言葉。
何事も前向きに考えて行動する。そうは分かっていても、日々さまざまな事が起こる中で、いろんな気持ちになってしまうこともあると思います。

みなさんは前を向くためのスイッチって何かありますか?

私はひとつ、歩くことをオススメします。(できれば音楽など聞かずにシンプルに歩く。)
なぜなら、歩きながら否定的なことを考えるのは難しい。
もう歩いている時点で、前を向いている。
歩いていると、景色が変わっていく。
未来に向かって、今という状態を動かしている。
それぞれの小さなプラスのエネルギーが良い方向に作用してゆくのだと思います。

前を向いて歩き始めるのですが、歩くからこそ前を見るようになる
作用反作用のように、ここには密接なつながりがあると思います。

こんな記事もありました。

By Ian MuttooAppleの故スティーブ・ジョブズは何か重要な話をする時や考えをまとめる際にはとにかく公園や道路など、あちこちをよく散歩していたというエピソードがあるように、なかなか考えがまとまらない時に、ふらっと外を歩いていると良いアイデアが突然浮かんできたりするのは万国共通の体験。そこで、「なぜ歩きながら...

だいたい悩んでいる時は、じーっとして
過去を後悔しているか、未来を不安に思っているかのどちらかが多いように思います。

そんな時は、とにかく外に出て歩きはじめる。

玄関を開けて、踏み出したその一歩が、あなたが自分で自分を救う第一歩になるかもしれません。

34/1000

ブログランキング
【ブログ村ランキングに参加しております。】
ブログの記事がお役に立てた場合には、下の「内装・クロス・床」ボタンを押していただけると幸いです!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ … 全国各地の内装業みなさんの活躍が見れます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする