中長期・年間プランニングで羅針盤をつくる

今年はようやく今日になってプランニングが完成しました。

一年の計は、、、、一月にあり。
何の問題もありません。

(一席だけ掃除ができなかったジョイフルのお姉さん、すみません。)

今日はプランニングをしながら思い出したこと2つ書いてみます。

・孔子と中庸

・THIS IS YOUR LIFE.Holstee 社のマニフェスト)

この2つを足すとこのようなメッセージになります。

「ガチンコ勝負の体当たりで、人生の羅針盤をつくる」です。

その意味は、、、

孔子と中庸(個人的解釈含む)

以前、乗馬クラブで働いていた頃の話。

頭でっかちな自分がオーナーに「やっぱり中庸が大事だと思うんですよ」と何かの流れで話した時(←どんな流れだ)にオーナーから言われた言葉。

「おい、真鍋。お前が【中庸】とか分かったようなフリして話すもんじゃない。
孔子だって、思いっきり右に振れて、そして今度は思いっきり逆の左に振れて、そうする中でズタボロになって辿り着いた場所が【中庸】なんだ。

右にも左にも行ったことないくせして、何の痛みも感じずに、最初っから「ちょうどいいところ狙います」みたいな、そんな中途半端な奴には一生中庸なんてわかるわけがない。

なぜか、この言葉を今も強烈に覚えていて、確かにそうじゃないかと思います。

やっぱり、やってみないとわからない経験はたくさんある。

計画的に行きた受験時代、赴くままに行きた20代、そして逆算思考の今。
左右に触れつつ、自分なりの人生の航海術を身に着けている最中だと思います。

THIS IS YOUR LIFE(Holstee 社のマニフェスト)

詳しい訳などはこちら

「THIS IS YOUR LIFE. 」は、エコデザインベンチャー企業 Holstee 社のマニフェスト。本&

有名な言葉なので、いろんな所で見かけますが、この言葉を見るといつも大切な気持ちを思い出します。

中長期計画とか、年間プランニングとか、企業理念とか、クレドとか、マニュフェストとか、難しい言葉はどうでもよくって、大切なことは

自分(たち)の羅針盤、心のコンパスをつくる

そういうことなんじゃないかと思います。

不器用でも、転んでも、泣いても、落ち込んでも、いいので、
そのすべてを糧にして、自分だけの羅針盤をつくる。

たどり着きたい場所へたどり着くためのコンパス

中長期計画、年間計画をつくるという作業は、そのコンパスをつくる作業なのだと改めて思った一日でした。

26/1000

ブログランキング
【ブログ村ランキングに参加しております。】
ブログの記事がお役に立てた場合には、下の「内装・クロス・床」ボタンを押していただけると幸いです!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ … 全国各地の内装業みなさんの活躍が見れます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする