僕らは何を売りたいのか

あけましておめでとうございます。
今年も地元の神社の初詣から1年がスタート。

おみくじは、ふつうに「吉」、、、いいね!
2018,挑戦の年には最高のくじを引きました。
なぜなら、大吉だと油断してしまうかも、大凶やとチャレンジをためらうかも、、、

つまり、何が出ようが「解釈は無数」ということですね。

今日は、そんな神社で思った
建築という仕事は、お客様に何を売っているのか
についての1つの気づき。

はじめて買った、福みくじ

いつもは絶対に福みくじとか買いません。
しかし、いつもは若干斜に構えて見ていた自分が、なんと今年は福みくじ買いました。

結果は「6等 干支の焼き物」、、、。

でも、なんで今年は自分が福みくじを買ったのか
よくよく考えてみて分かったことは、

願望=誰かの幸せを願うこと

「テレビが大好きな奥さんに4Kテレビを持って帰ってあげたい。」
これが私の福みくじを買った最大の願望でした。

買う前から、テレビが当たった自分を想像して、奥さんが喜ぶ顔を想像していました。
仮にテレビじゃなくても、ダイソンだろうが、バルミューダだろうが、
奥さんや親でも喜んでくれるだろう、、、。鮮やかにイメージが広がります(笑)

そして、福みくじを購入(判断
絶対に誰も手をいれてないであろう箱の角からくじを引く(選択
「はい、6等ね~」(責任)、、、、_| ̄|○

でも、気持ちは晴れやかです。

そして、改めて思いました。

「リフォームとか、新築とか、
やっぱりこの(お施主様の)『誰かの幸せを願う気持ち』に応える仕事
僕らのメインの仕事なのではないか」と。

まだ世に知られていない価値を伝えるのがブログ

物を販売する上で、いろんなニーズへの応え方で売る方法がありますが
・恐怖から回避するための手段を売る
・欲望を満たすための物を売る、、、等々

でもやっぱり、「誰かの幸せを願う気持ち」
それに応えられる技術力・商品力
この2つを持っている会社でありたいと思うし、
その価値をちゃんと求めている人に届けられる情報伝達力を磨いてゆきたいと思います。

今年も仕事や現場の状況は激しさを増す一方だと思いますが、
初心を忘れぬよう、年初の記事に記します。

本物を求めるお客様と、本物の技術本物の商品力をつなぐ存在に
ますますなってゆくよう、今年も一年歩みを重ねてまいります!

11/1000

ブログランキング
【ブログ村ランキングに参加しております。】
ブログの記事がお役に立てた場合には、下の「内装・クロス・床」ボタンを押していただけると幸いです!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ … 全国各地の内装業みなさんの活躍が見れます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする