人間関係を壊すものとは

近所からは「火の用心~」の見回りの声が聞こえてきて
今年もいよいよ年の瀬だなと感じます。

小さな親子喧嘩みたいになってる今日は、人間関係破壊の法則について振り返ってみます。

人の悩みの80%は人間関係によるものである

日々、いろんな問題が起こりますが、
その原因を突き詰めていくと「8割は人間関係にたどり着く」といいますが
確かにそうだな、と私も思います。

その中心的な考え方が

「私は正しい(あなたは間違っている)」

「相手を変えることができる」

この2つの考え方があります。

そして、この考えを元に
出てくる接し方が次のようなものです。

  • 批判する
  • 相手のせいだと責める
  • 文句を言う
  • がみがみ言う
  • 脅す
  • 罰する
  • 褒美でつる

これらは選択理論でいう
外的コントロールと呼ばれるコミュニケーションで
これを続けていると、人間関係が破壊されていきます。

とくに身近な人間関係(親子、夫婦、彼氏彼女)には
とくに出てしまいやすく、
親子で働いている私も注意しながらも、思わず出てしまっています。

人は自ら選択して生きている

ならば、どうすればいいのか。

人を変えることはできないのですから
その逆をすればいい、とあります。

  • 傾聴する
  • 支援する
  • 励ます
  • 尊敬する
  • 信頼する
  • 相手を受容する
  • 意見の違いについては交渉する

こうした在り方が、
相手を変えることはできないにしても
相手の選択に影響を及ぼすことはできるようです。

傾聴、、、聞くって本当に難しいですね。

選択理論に出会って1年経ちましたが
まだまだ道のりは長そうです。

今日は少しですが
コミュニケーションについて
自戒の念を込めて、選択理論を振り返ってみました。

奥深いテーマなのでもっと学びを深めて
改めて投稿したいと思います!

選択理論に少しでも興味を持たれた方は
こちらの書籍がオススメです。

【入門編】

 ビジネス選択理論能力検定3級公式テキスト

【詳しく知りたい方へ】

グラッサー博士の選択理論―幸せな人間関係を築くために

6/1000

ブログランキング
【ブログ村ランキングに参加しております。】
ブログの記事がお役に立てた場合には、下の「内装・クロス・床」ボタンを押していただけると幸いです!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へ … 全国各地の内装業みなさんの活躍が見れます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする